身体を動かす

快適なフライトをするためには身体のことも考えなくてはなりません。
実際に旅行先について具合が悪くなってしまったり、疲労が溜まっていると大変です。
仕事の出張の場合も苦しい状態で仕事をするのは大変です。


そうならないために、一つの方法としてお勧めしたいのが「身体を動かす」という事です。
もちろん飛行機の中でスポーツをすることはできません。
しかし、適度に歩き回ったり、”伸び”をすることで身体に血がしっかりと巡ります。


特に足を曲げた状態で長時間乗っていると身体中に血液が十分に回らず、めまいがしたり吐き気を催すこともあります。
体調が悪化すればエコノミー症候群になることもあるので、身体は常に動かすようにしましょう。


少なくとも1時間から2時間に一回は立ち上がって、身体を動かしておくことが重要です。
トイレなどに行くと、それだけでも効果があるので、定期的にトイレを利用して歩きましょう。


中にはずっと座っているという方もいます。
しかし、8時間のフライト以上になるとずっと座っていると身体に何かしらの変化が出てきます。
体調が悪くなったり、立ち上がる時にくらくらすることもしばしばあります。


身体のことを考えて、適度に動く意識をして、快適なフライトにしましょう。